計画のアウトライン

フライングケトル計画の前提は軽航空機(バルーン、飛行船等)の浮揚ガスにスチームを使用することである。

軽航空機(lighter-than-air craft)にはバルーン(動力なし)と飛行船(動力つき)という二つのタイプがある。従って、本プロジェクトはスチームバルーンとスチーム飛行船という二つの面を持つ。この発案の第一印象はコミカルでないとすれば、風変わりであり、宣伝効果があるといえなくもない。しかしながら、これらは、完全にまじめな計画であり、技術的に可能であることを堅く信じるものである。

技術開発の哲学について 寄道 してください....

スチームバルーン

スチームバルーンは熱気球とガス気球のハイブリッドであるといえるだろう。スチームバルーンは今日一般的である熱気球に比べて確実に利点があるというのが我々の主張である。不利な点があることは明らかである。利点と不利な点とのバランスは、実際に操縦経験を重ねた後に初めて適正に評価されることになる。

事実、スチームバルーンを飛翔させるには全く異なる3通りの方法がある。いかに飛ぶかに関する3通りのモードのそれぞれについての完全で数字も含めた詳細はここで

スチーム飛行船

スチーム飛行船は飛行中のスチーム浮揚ガスを高温に保つために断熱ジャケットとボイラーを要する。このことは飛行船の動力にスチームエンジンを使用することが確実に利点があることを意味している。フライングケトル計画のこの面はスチームバルーンに比べて期待が大きく、より推測的である。現時点での推測はここを参照。明らかに、飛行船を造り始める前にスチームバルーンでの飛翔の経験を多く積まなければならない。

現段階での我々の評価は、推測的で、スチーム飛行船が全ての適用においてヘリウム飛行船と競合できる潜在性がないとしても、なんらかのニッシュを見出すであろう。特に、スチーム飛行船は熱空気飛行船が手に入れようとして失敗したニッシュを埋めることは十分にできると考える。次のような典型的な必要条件を考えてみよう。

適当に天気が良くて、たとえば、大きなスポーツのイベント場でしばらくの間持ち場を確保して、広告をディスプレイしたり、カメラを取り付けたりして上空を飛ぶ。この契約を結ぶことができれば、ニッシュを手に入れる可能性が生まれるだろう。

さて、熱空気飛行船はこの要求を満たすことはできない。理論的には可能であるが、実際には、当日になると、だいたい風が強すぎるのが普通である。現実に熱空気飛行船はフロッピイであって、ほんの少しの風の中を飛ぶにもスピードが低すぎる。それゆえ、熱空気飛行船は非常に早朝か夕方にしか飛ばないのであり、基本的に上空広告とかカメラ使用が必要とされる時間帯ではない。 Now a hot-air airship cannot fulfil this requirement. Theoretically it might be able to do the job, but actually, when it comes to the question on the day, virtually always the wind is too strong. In reality, hot-air airships are too floppy and slow to fly in any wind above the slightest feeblest breath. That is why they are typically only flown very early in the morning or at dusk - basically not the times when aerial advertising or camerawork are required....

At present the helium airship is the only possibility for this mission, and helium airships are extremely expensive to operate, fundamentally because they must be kept inflated more or less indefinitely.

I believe that, with development, a Steam Airship of moderate size will eventually be able reliably to:

Arrive from base, deflated and packed in a single large vehicle, at a launch site in a park or other site within a few kilometers of the target event location;

Be inflated with steam from a boiler carried on the vehicle, by a small ground crew;

Fly to the target event and hold station over it for several hours;

Return to the launch site; and

Be deflated and packed back into the vehicle and returned to base.

And all at a cost perhaps double that of a hot-air airship, but much less than a helium craft. And I think that the upwind performance of the steam airship will be sufficiently decent for this mission to be possible in the prevailing weather conditions on, perhaps, 80% of days.

In fact for a limited mission such as the one specified above the full abilities of a helium airship - such as long-term endurance, high airspeed, and poor-weather flight capability - are not actually needed. The steam airship will have the most important qualities necessary for publicity and camera platform work - hover capability in moderate winds, and large size. And I think that the low cost and the convenience in ground handling of a steam airship will, in this restricted operational context, more than make up for its deficiencies.



サイトマップ

トップページ へ戻る...


---ooo000ooo---